就職活動を始めるにあたって | キャリアデザイン

「キャリア」という言葉には、職業・経歴といった意味のほか、“生涯、生涯の職業”という意味もあります。キャリアデザインという考え方は、どのような仕事を選び、職歴を積むかにとどまらず、仕事を中心として人生そのものをデザイン=設計していくことでもあります。

キャリアデザインとは・・・

『キャリアプランニング』では、実践的なキャリアプランの方法についてお伝えしましたが、今回は違った角度からキャリアについて考え、より充実した内容のキャリアプランを創るためのポイントをお伝えいたします。

なぜ『キャリアデザイン』が必要か?

『キャリアデザイン』とは、キャリア(人生における『仕事』)+デザイン(設計する)で 自分の人生における仕事の部分を設計する(つくりあげていく)ことをいいます。 近年特に、この『キャリアデザイン』という考え方が注目されています。

ではなぜ『キャリアデザイン』が注目されているのでしょうか?

1990年代以降の経済状況の変化によって、企業の人材に対する考え方は大きく変わりました。バブルの崩壊によってどの企業も経営に苦しむようになりました。そこで、IT革命とともに人が機械にかわり、雇用を削減するようになりました。一方で、働く側にとっても、労働環境は大きく変化しています。「終身雇用制」という考え方がなくなりつつあり、一度会社に入社したら、一生涯働くことができるというわけにはいかなくなってしまったのです。

要は、ただ一生懸命働くだけではなく、自己責任で自分の将来のことを考えていかなければならないということです。ですから、どのような場面でも会社に必要とされる人材となることが、『キャリアデザイン』を実現させるためには必要不可欠なのです。

CheckPoint

『キャリアデザイン』 → 自分自身の将来を考える → 自分の理想の将来を実現するための方法を考える