面接・選考時のアドバイス | 筆記試験・適性検査

筆記試験・適性検査のポイントを考えていきましょう。対策をしっかり行って選考に臨みましょう。

筆記試験・適性検査とは・・・

ここ数年、数多い志願者の中からよりよい人材を採用するために、筆記試験である程度絞り込む企業が増えています。筆記試験が全てではありませんが、筆記試験を通過しないと次のステップに進めないケースもありますので、早い時期から参考書や問題集で十分な対策をしておくことが大切です。

筆記試験

筆記試験には、一般常識・語学・専門・適性・論文(作文)などがあります。試験の出題傾向を問題集などで事前に調べ、対策をたてておく必要があります。企業により試験内容はさまざまですが、ここでは基本的な内容をご紹介します。

一般常識

国語・数学・時事問題(政治・経済・スポーツ・文化・国際情勢)等ジャンルは幅広く、日頃から、新聞や雑誌をよく読んでおく必要があります。特に最近では国語力を試す問題が良く出題されています。例えば、「同音異義語」「四字熟語・故事成語」「文学と作者」「語句の説明」「文章要約」などです。問題集をあれこれやるのではなくて自分が決めたものを繰り返しやるということで、必然的にレベルアップしていくでしょう!

外国語

語学試験は、一般的には英語の能力を問われますが、各企業とも国際化が進む中で、英語に限らず中国語など多様な外国語のできる人物を求める場合もあります。英検やTOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)など資格がある場合は積極的に企業にアピールしていきましょう。

専門科目

専門分野の最低限の一般常識を学習しているか、専門的な思考ができているかなどが問われます。専門職で募集している企業などで見受けられます。