就職活動を始めるにあたって | 就職活動のポイント

就職活動にはさまざまな方法があり、自分にあった会社に出会う方法も一通りではありません。今回は一般的な就職活動の流れに沿って、それぞれのポイントをご紹介します。ぜひ皆さんの就職活動の参考にしてみてください。

就職活動のポイントとは・・・

就職活動は自分のキャリアデザインを描きながら、最も自分に適した企業を選ぶことです。とても重要な活動だからこそ、入社後の「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、就職活動のコツをつかんで、臨みたいものです。就職活動を成功に導くためには、自己分析・PRの方法から、応募書類の書き方・面接への臨み方など、要所要所でおさえておきたいポイントを理解し、十分に準備をしておきましょう。

自分をアピールしよう! 自己分析・自己PR

自己分析・自己PRは、「自分の特性を理解して、自分を売り込む」ために必要です。「自分広告」を作り上げるための作業ですので、就職活動ではとても重要な役割を担っています。自己PRは自分を売り込む絶好のチャンスです。わかりやすく、より魅力的に表現できるように考えておきましょう。

自己分析の目的

自分自身の特性を理解し、自分の長所・短所を発見する
自分のことは、わかっているつもりでも、再度過去を振り返り、自分の行動を確認し直すことで、今まで気がつかなかったような長所や、逆に苦手分野を発見することもあります。まずは自分自身を正しく理解しましょう。
企業に対して、より明確に自己アピールする
書類選考や面接では自分をアピールしていかなければなりません。そのために、「私がどのような人間なのか」を、初対面の人にわかってもらう必要があります。相手にわかりやすく伝えるために、具体的なエピソードもまじえてアピールできるようにしましょう。

自己分析のポイント

POINT 1自分自身を振り返る
過去を振り返る際は、「何をした」ということももちろんですが、「きっかけや取り組み方」、また「学んだことやその時感じたこと」も考えておきましょう。そうすることで、自分の特性を探る手がかりになり、具体的なエピソードも思い出しやすくなります。
POINT 2長所・短所を把握する
過去の経験をもとに、長所・短所をまとめてみましょう。そして、それらの長所や短所がどのように仕事に影響するかを自分で理解することが大切です。特に短所については、それが仕事をする上でどのようにマイナスになるかイメージし、それを把握していることを伝えたうえで、更に直すために努力していることも同時にアピールできるようにしましょう。
POINT 3理想の自分を考える
まずは、漠然としていても構わないので、「未来の理想の自分」「人生でどのようなことを実現していきたいか」ということを考えてみましょう。次に、それらを実現するために何を自己啓発していかなければならないか、理想に近づけるために何をしていくべきかということを考えましょう。

自己PRの作り方

STEP 1PRポイントを考える
自分のどのような性格が長所で、アピールしたいかを考えます。 長所の中でも「仕事に活かせそうな」長所をピックアップするようにしましょう。 一般的に、「責任感」「協調性」「積極性」などは、会社にとって共通して必要な要素になるので、そういった面をピックアップできると、なお良いでしょう。
STEP 2裏づけとなるエピソードを用意
自己PRをする際にただ『○○な性格です』と伝えても説得力がありません。大切なことは、それらを人事に伝えられるように、裏づけとなるエピソードを考えることです。この時、とりあげるエピソードは、できるだけ最近の経験にしましょう。また、エピソードと一緒に、「取り組んだ目的」「成果」も整理しておきましょう。
STEP 3より説得力をもたせる
面接や選考では、初めて会う人に自分をわかってもらう必要があります。あいまいな表現では、ぼんやりとしたイメージしか伝えられないので、インパクトに欠けてしまいます。数字を織り交ぜるなど、客観的な事実として伝えることでより具体的な自己PRになります。

過去の就職活動ガイドも参照してみましょう