就職活動を始めるにあたって | 自己分析・自己PRの考え方

今回は自己分析の仕方、自己PRの作成の仕方をご紹介します。自己PRは面接などの選考試験でよく問われるテーマのひとつです。自分をしっかりと理解し、志望する企業にアピールしていきましょう。。

自己分析・自己PRとは・・・

『自己分析』は、(1)自分自身の特性を理解し、自己PRの材料を発見すること。また、(2)その材料を、志望する企業に対して、より明確にアピールすることです。言い替えれば、「自分広告」を編集・作成する作業になります。これまでの自分を振り返り、自分の強みや能力、価値観を再認識することが、上手な自己PRを作成するための第一歩となります。就職活動において、自分をPRする機会はとてもたくさんあります。自分を振り返り、上手な自己PRをすることで面接・面談を成功させましょう。

まず流れを知っておこう! 自己分析の流れ

過去の自分を振り返ってみよう
中・高校生の頃、興味を持っていたことや、好きだったこと、打ち込んでいたことなどを思い出してみましょう。今までは、自分でも気づかなかった自分のことを発見することができます。
現在の自分を考えてみよう
今現在、自分が打ち込んでいることや、家族や学校の友人とのこと、また、集団の中での自分の役割などを書き出し、自己PRができる材料を揃えていきます。
自分の性格を把握しよう
自分の性格を客観的に把握するために、自己チェックシートなどを使って、自分の性格を把握しましょう。
第三者に自分を分析してもらおう
自己分析は客観的な視点も重要です。両親や、友人、知人などに協力してもらい、自分はどういう人間なのかを探っていきましょう。
自己PRポイントをまとめよう
自分と第三者の両方の意見をふまえ、自分の長所・短所をまとめましょう。そして、短所の部分には、今後どのように改善していきたいのなどの目標を付け加えましょう。
自己PRを作成
自己分析を行ってできた内容を元に自己PRを作成していきましょう。