エントリー・面接前の準備とテクニック | 就活マナー

エントリーシートや面接など、就職活動の中で不安なことは沢山ありますが、前提として身につけなければならないのが、「就活マナー」です。「恥をかかない就活マナー」では、電話、Eメール、手紙、敬語など色々あります。今回は、そのような基礎的なマナーを身に付けましょう!

就活マナーとは・・・

第一印象の決め手は、髪型や服装などの身だしなみや話しているときの表情、そして言葉づかいです。挨拶やちょっとした言葉づかいで、あなたの印象は大きく変わります。普段使い慣れているEメールや電話などですが、これにもきちんとしたマナーがあります。これらのマナーをきちんと覚え、採用担当者に好印象を与えましょう。

企業とのコミュニケーション方法 電話

基本マナーを身に付ける

就職活動に欠かせない「電話」。手紙やEメールと違い、直接相手と言葉を交わすので、最初は緊張するかもしれません。しかし、ポイントを覚えておけば大丈夫です。では、ポイントをご紹介します。

企業のシステム

パンフレットや情報誌に載っている電話番号は、ほとんどが企業の代表番号です。電話をかけると、まず初めに受付か総務に繋がり、その後目的の部署に回されます。部署がわからないときは、最初に電話に出た人に用件を伝えましょう。担当者につながったら、必ず再度名前や用件を話しましょう。

用件を整理してから話す

電話は要領よく、手短に、内容をきちんと伝えましょう。言葉に詰まったり、用件を言い忘れたりしてかけ直しをすることは、先方に迷惑がかかります。電話をする際は、言いたいことを整理しておきましょう。自信の無い人は、内容を箇条書きにしたメモを手元に置いておけば、焦らず落ち着いて話すことが出来ます。

時間帯をチェックする

企業への電話は勤務時間内で、先方が忙しくない時間帯を選んでかけるようにしましょう。勤務時間は、9:00~17:30が一般的です。

CheckPoint

このようなときは極力電話をかけない様にしましょう!

  • 始業直後・終業間近
  • 昼休み(11:30~13:30)
  • 月曜日の午前中
  • 金曜日の午後
  • 月末・月初

但し急ぎの連絡がある場合は除きます。

正しい言葉づかい

電話はお互いの顔が見えない分、”声”や"言葉遣い"で判断されがちです。明るく元気な声でハキハキと話すようにしましょう。

間違えやすい言葉づかい

会社御社・貴社
ぼく、オレ、わたしわたくし
~と言います~と申します
~はおられますか~はいらっしゃいますか
~から連絡がありました~から連絡を頂きました
すみませんが恐れ入りますが
悪いのですが恐縮ですが・お手数ですが
やってくれませんかお願いできませんでしょうか
電話してくださいお電話いただけませんでしょうか
待ってくれませんかお待ちいただけませんでしょうか
~は届いていますか~は届いておりますでしょうか