面接・選考時のアドバイス | 選考におけるチェックポイント

書類選考や面接など、企業の人事担当者は応募者のどこにポイントをおいて判断しているか、それは誰もが気になるところだと思います。今回は、実際に人事担当者がチェックするポイントについて解説します。

選考におけるチェックポイント・・・

選考において、最初から不採用にしようと思って採用活動を行う企業はありません。「この人が入社したらどんな活躍をしてくれるか」を考えて採用活動を行います。そして、それを見極めるために書類選考や面接等があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、「企業が求める人物像」を知り、自分がそれに合致しているかを確認することが重要です。

面接のポイント

企業は面接で、書類だけではわからない人物像を、さまざまな質問から判断しています。では、企業はどんな部分をチェックしているのでしょうか。

面接でチェックしていること

多くの企業が、選考における重要な要素として挙げる面接。そこでは、書類だけでは判断できないことを確認するため、さまざまな質問をします。 ここで多くの企業が重要と考えている答えとして、質問内容に関係なく、「自分の考えを自分の言葉で説明することができているか」です。

「マニュアルなどで読んだ内容をただ暗記して語っているだけか、それともきちんと考えた自分の気持ち、想いを伝えているかは、長年採用担当をやっていればわかります。緊張のため、言葉につかえてしまう時もあると思いますが、焦らず、しっかりと自分の考えを語ってほしい」(情報系 人事担当)

というように、まずは自分の考えをまとめ、しっかりと準備をして臨むことが必要です。そのため重要となるのは、以下の項目です。

自己分析ができているか
自分のことを理解し、考えをまとめていれば、どんな質問がきても対応できます。
企業・業界研究ができているか
自分のことを理解したら、次は企業・業界を研究する必要があります。自分の進むべき道を理解し、企業のことを研究することで、なぜ自分がその企業に入りたいか、明確になります。

評価のポイント

「人事担当者が面接における評価の基準としてよく挙げる項目には、以下のポイントがあります。

  • 質問内容を理解しているか
  • 「ハイ、イイエ」ではなく、会話のキャッチボールが成立しているか
  • 具体例を用いたわかりやすい回答で、しっかりと受け答えができるか
  • マニュアル通りではない、自分の考えを述べているか
  • 企業・業界の情報収集をするなど、事前準備をしているか

面接は、自分を相手に伝える機会でもあります。意欲を持って臨みましょう。 また、面接の最後には「逆に何か質問はありませんか」と企業の方から問われることも多くあります。人事担当者は、その機会を活用し、企業のことをより深く知ろうとする積極的な方に期待しています。