先輩の就活体験談

2018年新卒学生のための就活体験談 障がいのある学生の実体験から学ぶ! 内定を獲得した先輩の「就活体験談」をお届けします 「就活の開始時期」、「成功のポイント」、「苦労したこと」、「就活を振り返っての感想」など、就職活動で無事内定をいただいた先輩たちの体験談をまとめました。
  • 障がい別一覧
  • 学部別一覧
  • 業界別一覧
上肢障がい 下肢障がい 上下肢・運動・体幹障がい 視覚障がい 聴覚・言語障がい 心臓障がい その他内部障がい 精神・その他の障がい

「会社に貢献したいという思いを、うまく企業に伝えることが大切です」 経営学部 上肢障がい

2016年卒就職活動開始時期:2014年2月以前
内定企業先:団体
総エントリー数:15
選考に進んだ企業数:3

就職先を選ぶ際のポイント

企業がどんな障がいへの配慮を行っているかを、応募する時に確認していました。また、通勤については、無理なく通える範囲かどうかを、仕事内容としてどのようなことを行うかを確認していました。ウェブ・サーナにはすごくわかりやすく求人情報が載っています。また、サーナ就職フェスタで企業の方からわかりやすく説明が聞けるので、参考になりました。定期的にサーナの方からフェスタ開催に関する連絡がくるので、ほかの求人サイトと違い親近感を覚えました。あとは、2日連続開催の時は前日と違う企業が参加するので、そこで多くの話を聞くことができました。

就職活動の成功のポイントはなんですか?

成功のポイントとしては、筆記試験や面接の対策ももちろん大事ですが、それ以上に障がいがあってもまわりに負けない気持ちをもつこと。また、障がいの有無に関係なく企業が採用したいと思えるように自分を磨くことが大切だといえるのではないでしょうか。とにかくその気持ちと、会社に貢献したいという思いをうまく企業に伝えられるかが重要だと私は感じます。初めは、とにかく失敗が多いと思いますが、それを積み重ねていくうちにうまく伝えられると思います。

後輩にぜひ伝えておきたいあなたの就活体験は?

最初は筆記試験対策を重点的に行い、ある程度知識が身に付いてから面接対策に力を入れました。やはり面接は練習を重ねることが大事なので、友達や就職課の先生と繰り返し練習しました。練習といってももちろん最初は上手くいきませんし、質問を考えていても実際に本番でそれが聞かれるとは限らないので、多くの質問を予想して、ある程度答えを出すというところを工夫しました。本番の面接でも1回やっただけで完璧にできたわけではないので、失敗を次に活かすことを考えました。

後輩への応援メッセージ

障がいの有無で給料や待遇の違いがあることもありますが、それに負けない気持ちが大事だと思います。就職活動を進めるにあたって悔しいこともあると思います。最初から上手くできることは、ほとんどありません。でも、それを糧にして経験を積むことで良い会社に巡り会えると思います。しかし、障がいがあるからといってマイナスに考えるのではなく、企業に採用したいと思ってもらえるように自分を磨いてください。そうすれば大きく成長できるはずです。

2018年新卒学生のための就活体験談 障がいのある学生の実体験から学ぶ! 内定を獲得した先輩の「就活体験談」をお届けします 「就活の開始時期」、「成功のポイント」、「苦労したこと」、「就活を振り返っての感想」など、就職活動で無事内定をいただいた先輩たちの体験談をまとめました。
  • 障がい別一覧
  • 学部別一覧
  • 業界別一覧
上肢障がい 下肢障がい 上下肢・運動・体幹障がい 視覚障がい 聴覚・言語障がい 心臓障がい その他内部障がい 精神・その他の障がい