就活よみもの

今回は業界研究・企業研究の仕方についてご紹介します。
自己分析によって自分のやりたいこと、自分が関心を持っていることは何か、ある程度わかったら、さっそく自分が興味・関心のある業界、志望している業界についての情報収集をしましょう!

業界研究・企業研究とは・・・業界研究とは、自分が志望する業界全体の景気動向を知り、業界の成長性・将来性を分析することです。
また、企業研究とは自分が志望する企業がどんな業種で、どんな職種があり、どんな事業や仕事を行っているかを調べることをいいます。
憧れや自分のイメージ、先入観で業界や企業を判断しては、就職後にミスマッチが起こることがあります。そうならないためにも、業界や企業を自分なりによく調べ、知ることが大切です。
そこで、まずは志望する企業を見つけるために情報を収集しましょう。業界は常に動いています。今人気の業界や企業だけを調べるのではなく、将来的に成長できる業界・企業に重点を置き、自分の適性もふまえた上で研究をしましょう。

まずはどんな業界があるかをチェック!

業界について

業界とは、例えば、金融、流通、建設、情報、サービスなど、産業の種類を分類したものです。
分類方法は多数ありますが、一例として下記にまとめましたので、参考にしてください!


金融

銀行・クレジット・保険・証券・レンタル・リース・信販・ファイナンス など

「お金」に関わるビジネスで日本経済や社会生活を支えているのが金融業界です。銀行や保険、リースから政府系の仕事まで幅広い業種があります。時代の変化に合わせて、新たなサービスやグローバル展開など事業の多様化が進んでいます。

商社

総合商社・専門商社 など

幅広い商品を取り扱う総合商社と特定の領域に特化した専門商社があります。総合商社は新商品や各種エネルギーの開発から新たなビジネスモデルの構築などの幅広い領域にまで関わっています。専門商社は各分野に特化した商品を取り扱っています。

流通

百貨店・スーパー・コンビニエンスストア・生協・専門店 など

ライフスタイルの多様化により大規模な再編や独自性を強めた取り組みが行われているのが流通業界です。消費者ニーズに対応したPB(プライベートブランド)商品の展開・拡大など独自の商品戦略・店舗展開が行われています。

情報・通信・マスコミ

情報処理・通信・情報サービス・ソフトウエア・広告・マスコミ など

IT社会の進化を牽引するのが情報・通信業界です。日常生活を支える各種システムやソフトウェア開発など、利便性や先進性などを具現化する最先端技術が求められる分野です。マスコミ業界はエンターテインメントから政治・経済まで幅広い分野の情報を扱っています。

サービス

外食・アミューズメント・ホテル・旅行・運輸・エネルギー・コンサルティング・不動産 など

日々の生活に欠かせない電気やガスなどのエネルギー関係、通勤・通学や旅行、物流を支える鉄道、航空、運輸業界は、安全性が求められる公共性の高い事業を行っています。また、フード、レジャー産業などは、付加価値の高いサービスを提供し、人々の暮らしに彩りを与える業界です。

メーカー

食品・医薬品・化粧品・衣料品など

衣・食・住に関わるさまざまな原材料や部材をはじめ、機材や製品をつくり出しています。消費者に完成した製品を提供するメーカーや、原材料や加工部材をさまざまな分野の企業に提供しているメーカーもあります。日本のものづくりをリードする業界です。

建設・不動産

建設・土木・プラントエンジニアリング・住宅 など

住宅づくりに不可欠な設備関連、安全で快適な空間づくりを提案する建築設計や建設コンサルタント。地域開発からマンションや商業ビルなどに携わる不動産業界。優れた技術や製品を提供することで日本の住環境を豊かにし、魅力的な街づくりを担っている業界です。

その他

農業・林業・水産・鉱業・教育・官公庁など

農業、林業、水産、鉱業などは、私たちの食生活や住生活に関わる業界です。
官庁役所など行政事務にかかわる業界や、教育機関などがあります。