就活よみもの

選考から内定まで

選考・内定
活動の流れ
エントリーをすると、いよいよ選考がはじまります。
選考方法は企業によって異なりますが、主なものとして「筆記試験」「書類選考」「面接」が行われます。
筆記試験については、『活動の準備』の項目にあるとおり、準備段階からの積み重ねになりますが、「書類選考」「面接」については、この時期から本格的にスタートし、ほとんどの方が複数企業の選考を経験することとなります。
ここではこの2つについてのポイントをご紹介します。

【書類選考】
人事の方に最初にみせる『自己PR書』として、多くの企業が選考に取り入れています。
一般的な履歴書(氏名・連絡先・学歴・資格 など)のほか、『エントリーシート』と呼ばれる独自フォーマットへの記入がある場合もあります。
書き方のポイントや注意点をマスターして、好印象、かつ自分の魅力が伝わるように作成しましょう。

◆書類選考のポイント
・丁寧に、正確に記載しましょう
・具体的にわかりやすく作成しましょう
・「自己アピール」「志望動機」「障がい内容」など、よくある項目については、内容を練っておきましょう

【面接】
採用活動を行っているほぼ全ての企業で面接が行われています。
皆さんの人柄や、仕事への意欲、適正などを総合的に判断するために実施されますが、同時に人事の方と直接コミュニケーションをとることとなる面接は、企業に自分をアピールする絶好のチャンスであると捉えて臨みましょう。

◆面接のポイント
・相手は全て『目上』の人です。態度、礼儀もチェックされているので常に心がけましょう
・書類選考と同じく、よくある質問(自己アピール・志望動機・障がい内容)に対する回答を考えておきましょう
・面接には振り返りも必要です。質問の内容や回答を振り返って、反省点は次に生かしましょう


【内定】
複数回の選考を経て、晴れて内定を得ることになりますが、内定をもらったからといって就職活動が終了するわけではありません。
内定した企業にスムーズに入社するためにも、入社までの間にも行っておきたいことがあります。
やるべきことを整理してみましょう。

◆内定後に行っておきたいこと
・お世話になった方(OBOG訪問で会った方・内定企業の人事担当者)にお礼と報告をしましょう
・入社のために必要な知識、スキルを磨いておきましょう
・内定式や研修、課題への取り組みなどを求められることもあります。積極的に取り組みましょう

★CheckPoint 就職活動はいつまで続けるのか?

内定が出たからといっても、まだ他に自分にマッチした企業があるのではないか、という思いがあったり、選考中の企業が残っている場合は、活動を続けるかどうか悩むところだと思います。
これから長く働くことになるので、できるだけ自分に合っていて、能力を発揮できる企業に入社したいですね。
入社してから後悔することのないよう、自分で納得できるところまで活動しましょう。